Whizzo Blog

Web制作やコンテンツ制作、イベントなどについての Whizzo Production のブログです。

大幅変更!Facebookページの変わったところ30

  • (2019.05.08更新)

昨年末より書き始めた「これ1冊で完全理解facebook」。2/2に無事に発売され、ありがたいことに売れ行きは好調らしい。

先日、発売記念セミナーを終えて少し一息と思う暇もなく、なんとFacebookページ(旧ファンページ)が大幅に変更となった。

Facebookページの変更は予想はしていたが、まだ先になるのではと思っていたので驚いた。「これ1冊で完全理解facebook」の内容とだいぶ変わってしまったので、変更点などを記しておきたい。

「これ1冊で完全理解facebook」の原稿を書き始めてから2ヶ月も経っていないのに、すでに機能が変わっているところがいくつかある。あまりの変化の速さには目が回るほどだ。

2010年10月にグループ機能が刷新し、11月には新メッセージ機能を発表。新メッセージは現在も順次、切り替わり中だ。12月にはプロフィールページの変更が始まり、今回のFacebookページ(旧ファンページ)だ。

ファンページの変更は予想はされていた。昨年の12月に45分間だけ、ミスで切り替わっていたのだ。(New Facebook Features Exposed in Accidental Update

この時の流出画像のいくつかが今回の変更に反映されている。
タブがなくなり、左のメニューになっているが、このインターフェースの変更は順次切り替わっているようで、数週間ですべてに行き渡るようだ。

実は、この変更はもう少し先になると思っていた。というのは、グループ機能や新メッセージ、プロフィールとも正式な発表があってから切り替わっているはずだが、このファンページの変更は公式の発表がなかったからだ。上記の、情報の流出が原因で、急遽変えたのかもしれない。


気になるのは、上記の流出画像では、投稿の部分に「Question」という項目がある。日本の方でも、この45分間にキャプチャを撮ることに成功した人がいるようだ。(新バージョンのファンページについて

ここでも「クエスチョン」という項目がある。どうやら、Facebookページの変更は、まだ終っていないようだ。


new_page.jpg

さて、ムック本「これ1冊で完全理解facebook」発売後の、ファンページの変更点だ。

  1. ファンページがFacebookページと名称が変わった
  2. ムック本P85で紹介したファンページとスポットの統合を行っても、ランディングページを設定できるようになった
  3. コミュニティページは、ランディングページが設定できなくなった
  4. Facebookページの作成画面が変わった
  5. 管理画面の項目に「基本設定」「掲載コンテンツ」が増え、基本情報は「基本データ」に変わった
  6. 「基本設定」にて、管理者が個人アカウントで投稿できるように設定できるようになった(初期設定ではできない)
  7. 「基本設定」にて、Facebookページに投稿やコメントがあったときにメール通知をするように設定できるようになった(初期設定でメール通知はされる)
  8. 「権限の管理」で、禁止語句のリストを設定することで、スパムフィルタを掛けることができるようになった
  9. 「基本データ」で、カテゴリが変更できるようになった
  10. 「基本データ」から、ユーザーネームの設定ができるようになった
  11. 「基本データ」の項目は、少々変更されている
  12. 「掲載コンテンツ」では、お気に入りのページで、常に表示するページを設定できる
  13. 「掲載コンテンツ」で、ページのオーナーを表示するように設定できるようになった
  14. 「マーケティング」の中のメニューが日本語化(Create Alias以外)
  15. 右上のアカウントから、Facebookページとしてログインできるようになった
  16. Facebookページのホームページとプロフィールページができた(他のユーザーから見れるのはプロフィールページ)
  17. Facebookページとしてログインし、他のFacebookページに「いいね!」が出来るようになった(以前は、「自分のファンページのお気に入りに追加」)
  18. Facebookページとして、他のFacebookページのウォールに書き込んだり、コメントをすることができるようになった(個人アカウントに対してはできない)
  19. Facebookページのホームページでは、自分のFacebookページと「いいね!」をクリックしたFacebookページのウォール内容が流れる
  20. Facebookページのホームページでは、ハイライトと最新情報が選べる
  21. インサイトがホームページに集約された
  22. インサイトの概要はホームページの右側に移動
  23. Facebookページのプロフィールページは、個人アカウントのプロフィールに似たものになり、タブが廃止されて左メニューになり、画像5枚が上部に表示されるようになった
  24. 写真の表示はページが変わらず、レイヤーが重なっての表示となった
  25. Facebookページのプロフィールページに、QRコードが表示されるようになった
  26. スポットと統合したFacebookページとの差が少なくなった
  27. 「いいね!」をしてくれた新規ユーザーを左上で通知するようになった
  28. 投稿やコメントがあったら左上に通知されるようになった
  29. プロフィールページには「管理人ビュー」があり、トップの画像5枚は非表示になり、スパムフィルタにかかった投稿を確認できる
  30. おすすめのFacebookページが右側に表示される

書き出したら、かなりたくさんの変更点があったことが分かる。
つまり、今までは個人アカウントでログインして、管理するFacebookページを運営していたのだが、Facebookページとしてログインできるようになったのだ。

また、個人アカウントでログインしてFacebookページを管理することもでき、その際は個人アカウントとして投稿もできる。いままで通り、個人アカウントでも運用できるが、切り離すこともできるという感じだろうか。

Facebookページとしてログインした場合は、メッセージやチャット機能は無くなっている。

さて、気になるのは、今後「クエスチョン」が投稿に現れるのかどうかと、Facebookページのホームページに存在するコネクションサーチのメニューだ。コネクションサーチはまだ機能していないが、機能するようになるのか消えるのか。

いままで、他のFacebookページは関連リンクという形でリンクを貼ることが出来ただけだった(ムック本82P参照)が、ウォールに流れてくるので、Facebookページごとに、様々なFacebookページを「いいね!」としたくなる。右側におすすめがでてくるので促進もされるだろう。

さて、この変更によって使い方がどう変わるのかは、いろいろ試してみたい。
しかし、ここまで頻繁に変更があると、なかなか大変だ。

これ1冊で完全理解facebook (日経BPパソコンベストムック)
井上 真花 佐藤 新一
日経BP社 (2011-02-02)
売り上げランキング: 49

----

Facebookやその他のソーシャルメディアの運用のご相談はこちら

Ranking

Archives

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...