Whizzo Blog

Web制作やコンテンツ制作、イベントなどについての Whizzo Production のブログです。

Scrivener と Ulysses

  • (2017.09.14更新)

scrivenerulysses.png

Scrivener という文書作成ソフトを愛用している。まとまった原稿やメールマガジンなどの原稿を書くのに活躍している。

よく比較され、値段も同じアプリに Ulysses というアプリがあり、これはこれで評判が良い。特に、Scrivener が苦手な Markdown を扱える点で気にはなっていたが、どちらも5,000円を超えるアプリ。スイッチするのは簡単ではない。ということで、あえて触っていなかった。

ところが、SETAPP というプログラム(?)に Ulysses が参加していた。SETAPPについては、また機会があったら書くとして、Ulyssesが使えたので使ってみた。

SETAPPは使い続けたい気もするので、使えるようなら使っていってみようと。

Scrivenerとまったく違うアプリだった

Scrivener と似ているもの、という先入観があったのだが、しばらく使ってみていると違う気がしてきた。いや、むしろ全然違う。確かに、グループを作ったり、シートを結合という形で複数の文書をまとめることができるのだが、なんだか違う。

Scrivenerの場合は、プロジェクトを作って、プロジェクトごとに1つのファイルになる。そこに、書きかけの原稿や下書き、参考資料やURL、画像などをまとめておくことができるので、その仕事をするときは、まずそのファイルを開く。いわば、作業環境のようなものなのだ。ウインドウを2つに分けて、片方に資料を置いたまま書いていったりもできる。

Ulyssesも複数のウインドウは立ち上げられるけど、なんだか違う。1つにまとまった感がない。

ただ、全体のUIなんかはとてもスマートだ。iPhoneアプリの Daedalus Touch のファイルが読み込めたので、最初からファイルもあったりする。外部フォルダを指定することができるので、他のテキストエディタの保存フォルダを指定したら、サイドバーに表示されて編集も簡単だ。

Scrivenerは基本はプロジェクト毎。違うものが入ってこない。リッチテキストが基本で、画像も貼れる。この時点で、Ulyssesは全く違うアプリなんだと気付いた。考えたらUIはEvernoteに似ている。グループとシートは、Evernoteのノートブックとノートと同じ関係だ。キーワードとしてタグのようなものも付与できる。

テキストしか扱えないけど、Evernoteの替わりに使いやすい。iCloudで同期できるので、Macではどの端末からも確認でき、iPhoneからはDaedalus Touchで編集できる。Dropbox内に外部フォルダを指定すれば、Windowsでも見れるだろう。画像などもDropboxに保存すればいいだけだ。

起動も遅くないし、Pro版にアップグレードしろと煩くもない。Markdownに対応したテキストエディタとして、使いやすそうだ。むしろ、Mac版とiOS版を買ってしまった Byword あたりの出番がなくなりそうだ。もともと Byword より MacDown の方が使いやすくて使っていたからいいんだけど。

しかし、テキストエディタはいろいろ使っているなと。

Scrivener
カテゴリ: 仕事効率化, 教育
¥5,400 (2017.3.7現在)

Ulysses
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
¥5,400 (2017.3.7現在)

追記:

Ulyssesはサブスクリプションモデルに移行しました。引き続き使いたい場合は、SETAPPを使うのも便利かもしれません。

SETAPPを試してみる

Ranking

Archives

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...