Whizzo Blog

Web制作やコンテンツ制作、イベントなどについての Whizzo Production のブログです。

TextExpanderで日付を変換させない方法

icon_textexpander.jpg

まだ、使い始めたばかりなので、ぜんぜん使いこなせてはいないのですが、Macでテキスト入力を快適にするアプリTextExpanderを使っています。

予測変換とはまた違い、あらかじめ決めた入力方法をタイピングすると、即座に変換してくれます。

例えば、

;[

とタイプすると、

『』

と変換されて、括弧の真ん中にカーソルが移動したりします。

とにかく色んな機能があったりしますし、使い方もいろいろ。iOS版もあったりします。紹介するとキリがないので、ここでは省きますが、今回は「これってどうやるんだろう?」を調べたので、メモ。

HTMLやCSSを効率良く書くためなどで、Zen-Codingというのも少し使ったりして、そのためにEspressoというテキストエディタを使ったりしています。

EspressoももともとZen-codingが使いたいがために使い始めたのですが、それを抜きにしても使いやすいエディタなので、愛用しているわけですが、Movable TypeのMTタグもZen-codingみたく使えないかなと思っていたのが発端。

TextExpanderを少し使って、これにMTタグを入れていけば、Zen-codingみたいに出来るんじゃないか?などと少しずつ入れていっています。

TextExpanderでのタイピングのルールみたいなのは『スニペット』というのですが、これの保存先をDropbox上にして、どのMacからでも使えるようにして、徐々に増やしていっています。

例えば、

mt:sta
と入れると
<$MTStaticWebPath$>
に変換したり、

mt:athum
といれたら
<mt:Assets><mt:AssetThumbnailURL width=”“></mt:Assets>
と変換されるなど。

変換ボタンなどがなく、変換されるのでスペニットは,とか;をスタートとする場合も多いのですが、MTタグと分かりやすいように、mt:をスタートにしています。なんかぶつかったら変えながら調整。

そこで、日付の表示タグ。フォーマットがいつも曖昧なので、
<mt:EntryDate format=”%Y/%m/%d”>
をすぐに呼び出したい。

mt:ed
とタイプしたら呼び出すようにしようと登録。

で、mt:edと打つと、
<mt:EntryDate format=”2014/03/28”>
と今日の日付が入って変換されてしまうことを発見。

なるほど、TextExpanderでも変換してくれるのか。たしかに、文書を書くときには便利なときもあるだろう。けど、MTタグを書くときは困る。きっと回避する方法があるはずだと、バックスラッシュを入れたりしてもダメ。

そして、公式サイトのFAQに行き着きました。

How can I use a percentage sign (%) in my snippet? Simply double-up on percentage signs which appear in your snippet. For example, if you want your snippet text to be “50% discount”, enter it as “50%% discount”.

「50%オフ」などの表記のときは%を重ねるようだ。ということで、下記のように変換後を登録。

<mt:EntryDate format=”%%Y/%%m/%%d”>

すると、思いどおりになりました。

Ranking

Archives

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...